About NFT-Fashion

NFT(非代替性トークン)とは?

NFTは、「Non-Fungible Token」の略で、非代替性トークンと訳されます。ブロックチェーン(一般に公開されているデジタルデータベース)に保存された所有証明書が付与されている、一意のデジタル資産のことです。

2021年あたりから「NFT」が注目されてきました。


GoogleTrend による「NFT」キーワード

理由としては、いくつかありますが、わかりやすいところでは、国内のニュースとして日本の小学生が書いたまるで落書きのような絵が数百万で売れたというニュースや海外では

Twitterの創業者の初Tweet(Twitterでつぶやいた文字です)が3億円で売却されたと、驚く値段が付き色々なメディアで取り上げられました。

そのためテレビやウェブメディア、雑誌等で「NFT(エヌエフティー)」という言葉がバズワードとして登場しました。

デジタルデータは複製が容易です

通常、デジタルのイラストを1枚限定で販売しても、コピペをすれば無限に増やすことができます。

誰が購入したのか分からなくなりますが、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)のブロックチェーン技術を活用することでデジタルデータを代替不可能な唯一無二な資産として扱う事が可能になりました。

ツイッターのアイコンにNFTを利用可能に

最近、Twitterのプロフィールアイコンに購入したNFTを利用できるようになり、今後はより身近になっていくと思われます。

TwitterのNFTプロフィール画像について

TwitterのNFTプロフィール画像のアイコンは通常の画像と区別され、六角形で表示されます。もし六角形で表示されているアイコンがあれば購入したNFT画像か、もしくはご自身で作成したNFTアートを利用していることになります。

https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-blue-fragments-folder/nft

【TwitterのNFT画像のまとめ】

  • 六角形の形状で表示され、そのNFTの所有者であることが分かる
  • 現時点でTwitterでは、Ethereumブロックチェーン(たとえばERC-721およびERC-1155トークンなど)でミントされた静止画像NFT(JPEG、PNG)のみをサポートしています。
  •  対応している暗号ウォレット(Argent・Coinbase Wallet・Ledger Live・MetaMask・Rainbow・Trust Wallet)
  • NFTのプロフィール画像が表示されている場合、プロフィールにアクセスし、プロフィール画像をタップしてから [NFTの詳細を表示] を選択すると、そのNFTに関する詳細情報を確認することができます。ここにはNFTの所有者、NFTの説明、コレクション、プロパティ、その他の詳細情報(NFTの連絡先アドレス)などの詳細情報が表示されます。

どんなもをNFT化できるのか?

NFT化するにはイラストだけでなく様々なものが対象となります。

NFT化して販売や取引できるものは色々あります。

代表的なものでは

  • デジタルのイラスト
  • セル画
  • 写真
  • 3D
  • 音楽、音声、音源
  • 楽譜
  • 動画
  • テキスト
  • ゲーム内にあるもの(アバター、装備、アイテム等)
  • 仮想現実にあるもの(アバター、土地、アイテム等)
  • NFTゲーム
  • 現物

など基本的なデジタルな画像等が多いですが、様々なものが対象となります。

NFTファッションの事例1(ブランド)

それでは、実際にファッションの世界でのNFTの事例を紹介します。

通常ファッションは、当たり前ですが”着ること”ができます。

NFTのファッションは、この”着ること”が出来ないデジタルなファッションです。大手ファッションブランドの事例を紹介します。

NFT鳴門美術館はファッションブランド「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の2022年春夏パリコレクションで発表したNFT11作品を、合計5000万円で購入しました。
NFT鳴門美術館は、美術品に関するNFTの発行、審査、販売、流通が可能な日本唯一の美術館です。

TOMO KOIZUMIのラッフルドレスがバーチャルドレスとしてとして販売

「TOMO KOIZUMI」デザインのもと、デジタルファッションハウス「Joyfa」が制作を手がけたバーチャルドレス6作品をNFT化し2022年2月24日より販売。購入者はデジタル上でドレスを着用することができます。

 

 

「ジミー チュウ」が1点もののNFTをオークションに出品

「ジミー チュウ」が、2021年10月11日にローンチされたコラボコレクション「ジミー チュウ / エリック ヘイズ キュレーテッド バイ ポギー」の一環として、Binance NFTマーケットプレイスに出品することを発表。

 

ジミー チュウの 定番パンプス LOVE をモチーフにした 4種類のデジタルカード作品の購入後でないと何が入っているのかがわからないミステリーボックスも完売しました。

 

バーバリー、Blankos Block Partyゲーム内で限定商品を発売

バーバリー(Burberry)は、ミシカル・ゲームズ(Mythical Games)と提携し、ゲーム「Blankos Block Party」の中で限定商品を発表した。

 

 

ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)UNXDと連携しNFTコレクション「Collezione Genesi(ジェネシス コレクション)」を発表

ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)は、ファーストコレクションとして「Dress from a Dream(夢から生まれたドレス)」をテーマに掲げ、スーツやドレス、ティアラなど9点が製作販売されました。

「The Glass Suit」と名付けられたこのスーツは、オークションで100万ドル以上(約1億1100万円)の値がつきました。

「Dress from a Dream」のゴールドのドレスは約70万ドル(約7700万円)で落札されました。

今回のNFTのファッションは購入者に対して特典が用意されています。

アルタ モーダのイベントに1年間参加することができるほか、ミラノにあるアトリエのプライベートツアーを楽しむことができる権利も与えられています。

NFTファッションの事例2

 

NFTデジタルファッション「Iridescence Dress」

ザ・ファブリカント(https://www.thefabricant.com/)がプロデュースしたNFTデジタルファッションは、クリプトキティーズ(CryptoKitties)とのコラボレーションで誕生しました。

 

大きく分けると3つの種類があります。

<デジタルアートのファッション>

  1. あくまで絵や3Dなどでファッションアイテムを表現しているもの
  2. メタバース(仮想現実)のアバターやゲームの中のキャラクターが身につけられるもの
  3. 自分自身の写真がまるで身につけているように見えるもの

 

 

NFT化は序章、その先にメタバース(仮想空間)がある

 

NFTが去年あたりから人気になってきましたが、この裏にはたくさんの新しい仮想通貨(暗号通貨)の登場によるものです。

普通のゲームならばレベルがアップし、そのゲーム内のポイントが溜まっていきます。

今までならこれで終わります。


しかしNFTゲームの場合は、そのゲーム内のポイントを特定のトークン(仮想通貨)に変更することができます。

遊んで稼ぐということで、より今後も人気になり

そして、ゲーム内で着られるファッション等も今後機能追加されていくと思われます。


ゲームだけでなく、その先にメタバース(仮想空間)での自分自身が身につけるもの、ファッション、アイテムが売買、取引されることになり、

マーケットとしてはかなり大きくなるため、Facebook社(今はMETA社に社名変更)含め大手もスタートアップ企業も参入を表明しています。

あとは、仮想通貨をかなり持っている方にとっては、法定通貨にすると税金もかかるため、お金というよりは溜まったポイントで何かを買うくらいの感覚なため購入金額が高額になる傾向にあります。

 

デジタルファッション・NFTファッションの活用例

<デザイナーとして>

 今からNFTファッションをスタートすれば、ニュース性も高く、話題になります。
 ウェブだけでなく色々なメディアでも取り上げられると思います。

<ショップとして>

 既にショップをお持ちで実際の商品(アパレル販売)をされている場合には、
 実物とデジタルを扱うブランドとしてもこちらもニュース性も高く、話題になります。

 商品を購入してもらうきっかけ、ショップを知ってもらうとしてはかなり面白いと思います。

<ユーザーとして>

 実際にNFTファッションを購入し、ユーザー目線で試してみるのも方法です。

 購入したNFTは売ることもできます。

 

NFTの販売方法

 実際に販売する方法は、 海外では一番有名なOpenSea(オープンシー)はじめ、国内のNFTマーケットプレイスで販売します。

 わかりやすく言うと、OpenSea(オープンシー)はeBay、国内のNFTマーケットプレイスは楽天みたいなイメージです。

 そこに商品を登録して販売します。

 

OpenSea https://opensea.io/


独自ドメインのネットショップのようにマーケットプレイスを通さずにNFT化し販売することも可能ですが、

普通のネットショップと同様で、集客が大変なため、現在ではどこかのNFTマーケットプレイスに出品するのが簡単です。

 

ファッションに特化したNFTマーケットプレイスも登場

 

KREATION(クリアーション)
Screenshot of kreationdigital.com

メタバースファッション特化のNFTマーケットプレイスです。

kreationdigital.com/jp/

【運営】クリアーション株式会社

1Block Shop
Screenshot of 1block.world

デジタルファッション(スニーカー)に特化したサービスです。

1block.world/

【運営】株式会社1SEC

1Block LAND
Screenshot of 1blockland.world

ファッションに特化したメタバースNFTマーケットプレイスです。

1blockland.world/

【運営】株式会社1SEC

お問い合わせ

掲載等のお問い合わせについてはこちらからお願いします。